財団法人内外財務研究所



研究会レポート
一覧へ戻る
[本日のテーマ]
? 最近の医療動向と今後の展望

1.日時 平成20年4月23日 ?
2.場所 御堂アーバンライフビル ?
3.出席者 本日のリーダー

出席者
石田 行司 (ニューロンネットワーク株式会社
代表取締役社長)
声元 通夫(当財団理事)
高瀬 数久(当財団理事)
山科 裕(株式会社ビジネスデザイン 代表取締役)
高嶋 信夫(当財団理事長)

1.診療報酬改正を受けた医療業界動向

「改正のポイント」
1) 医療費削減と混合診療
2) 医療業界の本格的統合
3) 老人から子供、治療から予防に力点
4) 在宅医療の推進

「病医院、薬局」
1) ジェネリック化の加速
2) 病医院、薬局の廃業とM&A、多角化、異業種コラボ
3) 在宅へのシフト
4) 老人から子供(あるべき人口ピラミッド構想)
5) 混合診療へのカウントダウン

「メーカー、卸」
1) 再編の再加速(特に内資系)

「ドラッグ、コンビニ」
1) 流通化への移行    
2) 予防産業への強化

「保険会社」
1) 医療系保険の拡大

2.市場概況

1) 明治維新に似ている。
2) 薬局、医療福祉機関の2極化と再編が続く
3) 開業ラッシュ・・・病院の医師不足、新たな開業形態
4) 規制緩和前の金融機関と類似、大きなビジネスチャンスとなっている

3.市場激動期のチャンス

開業 年間約5,500院
閉院 年間約4,000院

4〜12月の開業
   関東 約400院
   関西 約300院

1) 情報をつかんでいるか?(社内病診連携)
2) 流行る新規医師をグリップしているか?
3) 欠員が出た病院のフォローと先行きを見極めているか?
4) 経営者の相談相手になりえているか?

4.生き残る医療機関、淘汰される医療機関

1) 環境変化に対応した戦略の有無
(5年後のビジョン・戦略と半年後の戦術)
2) ポジションとエッジ
3) 中核人材の有無と資本
4) キーワード・・・「医」「食」「住」「健」「美」「楽」「死」


Copyrght., 2003 内外財務研究所 All rights reserved.